木石舎の病院設計・医院設計・住宅設計は、それぞれが個性的です。

どれも同じような、ワンパターンなデザインのものはありません。

それは、与えられた条件がそれぞれ異なるように、その機能やデザインにも、それぞれの解決法を追求しているその『あかし』です。

全国の病院 医院設計に対応しておりますのでお気軽にお問い合せ下さい。

【東京】TEL:03-6874-3565
東京都千代田区神田三崎町2-20-7
水道橋西口会館7F

【福岡】TEL:092-521-5855
福岡市中央区平尾2-15-26
ベルコモンズ平尾1-7F

平日9:30~18:00(定休:土日祝)

Top
m

1月 2018

  現在取り込んでいるSクリニックの地域住民説明会のための模型が出来ました。著名な庭人山口氏が手掛けた 素晴らしい庭の様子を表現するために結構苦労し、特に池の水を表現するために、「モデリングウォーター」 という模型材料を見つけ出し、造作してみました。山口氏によると滝もあるようですが、さすが模型では再現 できないと想い、放置しました(笑)。模型の右下部はなんと、緑のゴジラが現われてきましたが、これはう ちの所長のグッドチョイスで、堅苦しい模型に遊心を取り込むことで、場の空気を和らぐことができます。 張:記

3年ぶりに地元に帰りました、中国の山西省太原市という福岡10倍ぐらい規模で、人口は約400万人ぐらいの 都市です。ただの三年ぶりでしたが、地元の町並みも道路も環境も何もかも変わりました。まさに激変!!! 以前よく遊びに行ってた場所も全く別の場所になったという気がして、未だにまた落ち着かないぐらい衝撃的 でした。 下の写真は5年前の様子で、都市として遅れてないけれど、旧いビルがごちゃごちゃ混じって道も狭かったです。 だが、最近の太原市は次の写真の様に変身しました。現代的なビル群、広い道に満載な自動車輌、ブランドものを持ち歩く女の子達、外から内までの激変!!! もっとびっくりしたのは、スマホ1つでほぼ生活できることです。今の中国では、スマホでタクシやご飯の予約、支払い、本の取り寄せ、カラオケで曲を選択などなど、スマホだけで全部できちゃうぐらいしんかしています。もはや若者たちはカバンと財布を持たない時代であります。 中国では驚異的な変化は当たり前のように行われている。興味がある方はぜひ遊びにいらっしゃってください。 張:記