病院医院の設計事務所は木石舎Page Top

私達の仕事の進め方をご覧頂ければ、それが作品のクオリティを高める重要な方法とお分かりいただけると思います。

まず現地調査を行います。

まず、現地を見て廻ります。

カメラをぶら下げてあちこちと歩いて廻り、周辺のイメージや人のながれ、風や太陽…いろんな設計のヒントになりそうなものを感じます。

イメージをまとめ、スケッチをおこします。

O医院(病院)のスタディ中

O医院(病院)のスタディ中

イメージを思い出しながら、思いつくままスケッチをおこしていきます。デザインばかりでなく、機能やコストのこと、法規のことなど…

O医院(病院)のスケッチ等

O医院(病院)のスケッチ等

できあがった、山のようなスケッチ。 設計のエッセンスがぎっしり詰まっています。これが創造のヒミツです。

考えをプレゼンテーションにまとめます。

O医院(病院)のプレゼンテーション

O医院(病院)のプレゼンテーション

計画に対する基本的な考え方をわかりやすく図面やパースにまとめます。

O医院(病院)の周りも含む全体模型

O医院(病院)の周りも含む全体模型

街並みの中でのイメージも模型でお見せします。

合意をいただいて、いよいよ設計に取りかかります。

O医院(病院)先生との打合せ風景

O医院(病院)先生との打合せ風景

それぞれ電気や設備の専門設計者もまじえ、打ち合わせを行ないます。

O医院(病院)の内部模型

O医院(病院)の内部模型

必要なところは模型を作って検討します。

基本設計が出来上がります。

A病院の基本設計書

A病院の基本設計書

建物の概略が決定します。

平面プランや動線、形、法的チェックも含め基本計画が固まります。

Fクリニックの全体模型

Fクリニックの全体模型

各階別に内部も分かるような模型を作成します。図面で分かりにくいところも模型でなら誤解もありません。

引き続き実施設計に入ります。設計図が完成します。

図面制作風景(左)とO医院(病院)の実施設計図書と記録書(右)

図面制作風景(左)と
O医院(病院)の実施設計図書と記録書(右)

約100枚ちかい図面が完成。汗と努力の結晶です。

模型制作風景(左)とU医院(病院)の全体模型(右)

模型制作風景(左)と
U医院(病院)の全体模型(右)

内部の家具までも作り込んだ模型で確認します。

各業者から見積書を徴収します。
その比較・査定を行ない最適な業者を選定します。

建設各社からの見積書をこれまでの資料と比較検討を行ないます。

また、技術面での適性も十分検討します。

特に工事はなま物ですから、現場担当の技術者の技量に左右されるので、人選にまで突っ込んだ検討をおこないます。

地鎮祭、工事着工。

業者が決まれば、いよいよ地鎮祭、そしていよいよ工事着工です。

U医院(病院)の地鎮祭(左)とM医院(病院)の鉄骨建方(右)

U医院(病院)の地鎮祭(左)とM医院(病院)の鉄骨建方(右)

施工詳細についての綿密な打ち合せを行ないます。

O医院(病院)の詳細部分模型

O医院(病院)の詳細部分模型

工事の部分模型なども作成し、イメージどおりキチンと施工できるか検討します。

M医院(病院)の外部CG

M医院(病院)の外部CG

色彩計画ではCG(コンピュータグラフィック)で、いろんなパターンを検討します。

M医院(病院)の内部CG

M医院(病院)の内部CG

インテリアもCGで完成予想パースを作成し、色や形をリアルにお伝えできます。

専門業者との打ち合せ

専門業者との打ち合せ

いろんな専門業者ともそれぞれ個別に打ち合せ、工事の取り合いを指示します。

現場で確認しながら、確実に工事を進めていきます。

私達設計者は1週間に一度の割合で現場におもむき工事のチェックをおこないます。

また、クライアントにも実際に現場に来ていただき、広さや位置を確かめて納得。実感が沸いてきます。

(院長、ドクター、看護師、医療機器担当者など)

Z病院の現場での打ち合せ風景

Z病院の現場での打ち合せ風景