木石舎の病院設計・医院設計・住宅設計は、それぞれが個性的です。

どれも同じような、ワンパターンなデザインのものはありません。

それは、与えられた条件がそれぞれ異なるように、その機能やデザインにも、それぞれの解決法を追求しているその『あかし』です。

全国の病院 医院設計に対応しておりますのでお気軽にお問い合せ下さい。

【福岡】TEL:092-521-5855
福岡市中央区平尾2-15-26
ベルコモンズ平尾1-7F

【東京】TEL:03-6874-3565
東京都千代田区神田三崎町2-20-7
水道橋西口会館7F平日9:30~18:00(定休:土日祝)

Top
m

Blog Post

  |  Blog Post
  • 木石舎が10数年前に設計した病院が病室面積の規定変更により、増築することになりました。 やはり増築なので、コストをできるだけ押える方向に考え、結果としては木造で増築を進もうとしました。 だが、3階建の特殊建築物なので、耐火構造としなければならないので、木造耐火構造という課題に直面しました。 色々調べた結果、平成30年3月に建設省告示第1399号の一部が改正され、木造耐火構造が可能になりました。 具体的なやり方としては、あらゆる木構造の表面に強化石膏ボードを2枚以上42mm以上に張ることです。 一見面倒なやり方ですが、いくつかのメリットがあります。 メリット ① RCや鉄骨と比べコストが抑えられる ② 部屋内に出張った大きな柱がなく、広く空間が取れる ③ 環境に優しい、そして人にもやさしい などなどのメリットがあります。もちろん、増築などに限らず、コストが抑えたい新築などの物件でもいい選択肢だ と考えます。

  • ずっと関わっている雲仙市の愛野記念病院は島原鉄道の「愛野駅」を降りたらすぐ目の前にあります。 駅を出るとすぐ目の前に病院が見えます。 現在、増築工事の真っ最中で手前に見えるブルーの枠取りのある建物が検診センターとして独立することになります。

  • 九州大学の大橋キャンパス、元といえば九州芸術工科大学でした。先週末九州芸術工科大学の50週年のイベントに参加し、 そこでキングダムの作者原泰久氏に遭遇しました。調べたところ原泰久氏はもともと九州芸術工科大学の卒業生で、 母校の50週年のためにその場でキングダムのA1サイズのポストをえがきました。すごく感激!! 張・記