木石舎の病院設計・医院設計・住宅設計は、それぞれが個性的です。

どれも同じような、ワンパターンなデザインのものはありません。

それは、与えられた条件がそれぞれ異なるように、その機能やデザインにも、それぞれの解決法を追求しているその『あかし』です。

全国の病院 医院設計に対応しておりますのでお気軽にお問い合せ下さい。

【福岡】TEL:092-521-5855
福岡市中央区平尾2-15-26
ベルコモンズ平尾1-7F

【東京】TEL:03-6874-3565
東京都千代田区神田三崎町2-20-7
水道橋西口会館7F平日9:30~18:00(定休:土日祝)

Top
m

Blog

この間FAF主催の旧福岡県公会堂貴賓館建築ツアーが行いました。貴賓館実体は何回も行きましたが、今回は特にフェレンツェルネサンス建築の理解が深まりました。 貴賓館のホームページで「旧公会堂のうち貴資館だけは数少ない貴重なフレンチルネサンス様式の木造建築物として重要文化財に指定され、公園施設として活用されています。」と謳っていて、つまりフェレンツェルネサンスで 木造建築というのは非常に珍しい組み合わせでもあるので、すごく見学する価値があります。 それから、設計者の三條氏に驚かされました。三條氏は福岡県土木部の建築主任技師として福岡県には15年在職し、旧福岡県庁や福岡市立図書館や現存の県立福岡高等学校本館、太宰府天満宮桜門、筥崎宮拝殿・桜門など福岡市 の近代の重要な建築を手かけていたことは今あんまり知られていないようですが、三條氏は福岡市の近代化に大きな貢献していた人物であります。   フレンチルネサンス様式 15世紀にイタリアのフィレンチェで始まったルネサンス(文芸復興) は、建築の世界にも広がり、16世紀にはフランスの建築界にもその影響がおよんだ。 このフランスルネサンス様式は、急勾配の屋根、ドーマー窓 (屋根窓)、 角の 円形塔、水平方向の線を強調じた外観などを大きな特徴としている。(代表的な建物 フォンテンプロー宮殿、シャンポール城、ルーブル宮殿) 三條栄三郎(1872年−1935年) 山形県出身 明治31年(1898)に蔵前高等工業学校教員養成所を卒業した後、仙台、 熊本、 福岡の各工業学校の教員として勤め、佐賀県庁を経て明治41年(1908)に 福岡県土木部の建築主任技師として着任。福岡県には15年在職しました。 在職中の(現存する)主な建築物 ▷明治天皇福岡県庁内行在所(現 県立明善高等学校同窓会館) ▷福岡県立中学校(現 県立福岡高等学校本館) ▷太宰府天満宮桜門 ▷英彦山神社本殿(修理)・・国指定重要文化財 ▷筥崎宮拝殿・桜門(修理)・・国指定重要文化財 ▷明治天皇福岡県庁内行在所(現 県立明善高等学校同窓会館) ▷福岡県立中学校(現 県立福岡高等学校本館) ▷太宰府天満宮桜門 ▷英彦山神社本殿(修理)・・国指定重要文化財 ▷筥崎宮拝殿・桜門(修理)・・国指定重要文化財 旧福岡県公会堂貴賓館ホームページ(参照)

平尾保育園で福岡市都市景観賞を受賞しました。 平尾保育園は歴史ある保育園でしたが、隣接する小学校の拡張に伴い移転を余儀なくされました。 新しい土地は福岡中央高校の正面の、将来廻りをビルに囲まれる予定の場所です。 理事長はここにこそ木造で保育園を建てたいと強く思われたそうです。そこで、木石舎が選定されました。 この建物は木造の準耐火構造ですから、「萌えしろ」のぶんだけ木が大きくなります。 子供達は木にぶら下がったり、抱きついたりとおおはしゃぎです。木の環境は本当にいいですね。    

  先日FAF福岡建築ファンデーションが行った建築ツアーでは、アクロスを中心に散策しました。アクロスは何回も行きましたが、全然屋上に登ったことがなかったのですが(68mなので、本当に山を登るような感覚です) 今回は特別にエレベーターを利用させていただきましたので、初めてアクロスの頂点から天神周りを俯瞰しました。海も、自然も、都市も一気に眺めるができるので、ものすごく爽快な気持ちになりました。 降りた時は階段の方を選びました、階段の両サイドの植栽はすごく立派に育っているので、まるで本当の山道を登ってるかのように感じました!

やっと愛野記念病院の増築工事も完成しました、運営役のお二人も大安心のひとコマです。 左が大串事務長、右が小林部長のお二人です。本当にお世話になりました。 今日は落成した新館での安堵の表情です。今日は落成パーティです。 病院は本館の設計監理も木石舎でやらせていただきました。 新館の別館は、ますます患者さんも増えて手狭になったホールや内視鏡外来の増設もあり今回の計画となりました。2年かかりの計画でした。今日から広く使いやすくなったホールも十分使えますね。

近頃キャナルシティの中洲側の入り口はずっと工事中でしたが、ついに工事が完了し宇宙船のようなファサードがでてきました! やはりファサードが変わると全体なイメージもよくなりますね。キャナルシティの存在感が大きいので、これで周りの風景も一気に綺麗になりました!  

さあいよいよ新しい模型を作成しています。 これは来週に打ち合わせをする予定のNクリニックの模型です。近頃は模型を作らない事務所が増えたと聞きますが、うちは山ほど模型を作って見ます。模型が一番分かりやすいですね・・  

10月の末に今秋閉鎖された九州大学箱崎キャンパスの内、今後解体される農学部エリアに残る近代建築4棟を見学・撮影できる最後の機会である「近代建築物見学ツアー」(主催:九州大学)にて、FAFは特別協力としてインカムを使用した建物解説を行いました。全て外側からの見学となりましたが、キャンパス内の移動中には植栽の紹介も行い、農学部エリアを一体的に楽しんでいただくことができました。

今回にアップするのは八女の耳鼻咽喉科クリニックプロジェクトのC案になります。近所によく見られる切妻屋根の形から変形し、ファサードのイメージとしては屋根と壁と床を連続させ、その間にキューブを差し込ます。廻りの環境に溶け込みながら、個性のある建物として存在感も保てます。